マンション経営をするなら|管理のことならトーシンパートナーズ

万が一の時の保険

マンション

空室は工夫で防ぐ

不動産投資において最大のリスクは、空室のリスクです。ローンにて購入している場合には、特に空室を出すことによって利益を得られないだけでなく赤字になってしまう可能性もあるのです。そのためできるだけ空室にしないような物件を探すことがポイントとなります。新築の場合には入居者の募集には比較的困りません。しかし築年数が経過すると入居者がいなくなるため、十年以上のローンを使用する場合には、特に気をつけなければならないのです。空室を発生させないような物件探しは立地環境や商業施設の状況、その土地の将来性など考えることは多数ありますが、どうしてもやむを得ない空室は発生します。特にワンルームなど単身向けの住宅では入れ替わりが多いため、ある程度はしょうがないことです。

頼りすぎないこと

ある程度の空室を鑑みることは大事です。そのためには、家賃を高めに設定しておくことで空室になった分の利益を事前に得ておくことです。そしていざ空室になったときにその分を補填させることで赤字を回避することができます。しかしその空室も数か月が限界です。そのため空室のリスクを安心して保証してもらえる家賃保証に加入しておくことをおすすめします。毎月一定額の保証料金を支払うことで家賃保証を受けることができるようになりますが、これにすべてを頼るようにすることはできません。家賃保証にも一定の期間があり、それを超過すると保証してもらえなくなります。そのためあくまでも万が一の保証と考えるべきなのです。