マンション経営をするなら|管理のことならトーシンパートナーズ

なぜ一括借り上げなのか

笑顔の中年男性

メリットを最大限に活かせ

サブリースとは、一括借り上げを意味しています。これはマンションのオーナーがいたとしたら、一部屋ずつ個別に貸すのではなく、不動産業者に建物全体を貸すことです。マンションのオーナーはサブリースを利用することによって、空き室があったとしても、一定の収入が保証される仕組みとなっています。またサブリースには、確定申告が楽になるというメリットも挙げられます。マンションオーナーと入居者が個別に契約を結ぶと、確定申告は入居者の分の記入が必要となります。しかしこの仕組みを利用すると、確定申告への記入は不動産業者の分だけで済むのです。他にも入居者への対応は、全て不動産業者に任せられるなどのメリットが挙げられます。このようにサブリースにはさまざまなメリットがあるので、それらを理解して、メリットを最大限に活かせる形で利用することも大切です。

将来を考えての利用を検討

サブリース契約の場合、一定額の収入は保証されますが、家賃よりも低い額となるので注意が必要です。つまりマンションですべての部屋に入居者がいる場合は、サブリース契約の方が収入は下がります。また不動産業者が一括借り上げしている場合でも、マンションの修繕費などは基本的にオーナーが負担することになります。最初は新築の物件だとしても、数年経つと物件の価値が下がり、家賃収入も減ってくる可能性が高いのです。このように建物の状態などに応じて、収入や修繕費などの出費に変化が生まれるかもしれません。そのため目先の収入だけに捕らわれるのではなく、長期間での収入予測や修繕費などの必要出費を踏まえたうえで、サブリースの利用を検討することが大切です。