マンション経営をするなら|管理のことならトーシンパートナーズ

賃貸経営の管理サービス

電卓

投資にはいろいろな対象がある中で、不動産投資は不労所得が得られる点に人気が高まっています。株やFXと比べて長期間の安定した収入に結びつきやすく、節税対策にもなるため比較的リスクの低い投資商品です。その一方で賃貸マンションやアパートといった集合住宅物件には、空室対策や入居者クレーム対応の問題もあります。こうした賃貸経営に要する管理業務は多岐にわたります。入居者との契約には煩雑な手続きが必要ですし、アパートやマンションの維持管理も重要な管理業務の1つです。入居者の不満や要望にも1つ1つ応えていかなければなりません。こうした管理業務を大家さん自らがこなしていくのは大変です。そのため現在では管理会社が間に入り、業務を代行するスタイルが一般的となっています。こうした管理業務代行を賃貸管理サービスと言います。不動産投資を行うオーナーにとって、賃貸管理サービスの利用が事実上不可欠と言えます。賃貸管理サービスには一括管理システムと部分管理システムがあります。面倒な業務のすべてを管理会社に一任し、オーナーは管理にタッチしないという一括管理のスタイルが現在の主流です。

賃貸管理に伴う業務は、まず入居者の募集から始まります。入居時の契約作業から毎月の家賃集金、退去時の敷金返還といった諸手続きもすべて管理会社が代行してくれます。賃貸マンションやアパートを対象とする不動産投資では、実質利回りを高めるための空室対策も重要です。空室保証や家賃の滞納保証の点で有利なサブリース契約では手数料は高くなりますが、リスクを避けたい人にとっては選択肢の1つとなります。賃貸管理では建物の維持管理も欠かせません。定期的な清掃やエレベーター点検等のメンテナンスも管理会社に一任できます。退去者が出た場合は引越し後にリフォームを行って原状回復を図るのが普通です。入居者への日常的な対応も大切な管理業務の1つです。ゴミ出しや騒音など住人同士のトラブルを解決し、部屋や共同設備に対する苦情・不満を聞いて適切に処理する必要があります。ある意味で賃貸経営に関する一番厄介なこの役目も、管理会社に一任することで負担が大幅に軽減されるのです。こうした賃貸管理サービスを請け負う不動産会社にも良し悪しがあります。良い管理会社をパートナーに選べば、不動産投資も成功する確率が高くなるのは間違いありません。